since 2012/06/03

MameShotPro

概要

 常駐型本格的スクリーンショットアプリです。 システムに常駐し、ホットキーによって全画面キャプチャ、範囲指定キャプチャ、 アクティブウィンドウキャプチャが可能です。 通常のMameShotと同様に、キャプチャ後にすぐにpngで保存されますが、 こちらでは保存先を指定することができます。 キャプチャーされた範囲はキャプチャー後白く光るので、どこがキャプチャーされたのか すぐに確認することができます。

ダウンロード

最新版ダウンロード(MameShotPro_v1_2_2.zip) 20130421版
→省メモリ化

過去バージョン

ダウンロード(MameShotPro_v1_2_0.zip) 20121106版
→ファイル名規則の変更
ダウンロード(MameShotPro_v1_1_1.zip) 20120715_2版
→Win+Shift+Sの拡大鏡不具合修正
ダウンロード(MameShotPro_v1_1_0.zip) 20120715版
→ホットキー+シフトに追加機能の割り当て、画像フォーマットの多様化、拡大鏡機能の追加、不具合の修正
ダウンロード(MameShotPro_v1_0_2.zip) 20120704版
→キャプチャー画像をクリップボードにコピーする機能を追加
ダウンロード(MameShotPro_v1_0_1.zip) 20120609版
→マルチディスプレイ環境での撮影エフェクトのズレ修正
ダウンロード(MameShotPro_v1_0_0.zip) 20120603版
→最初のバージョン

インストール

解凍し、中身を好きなところにおいてください。
起動後に設定ファイルが出力されるので、本体を適当なフォルダに入れてから使用してください。

必要なもの

.NET Framework 3

実行方法

MameShotPro.exeをダブルクリックすることで起動できます。
多重起動はできません。

終了方法

タスクトレーにあるサウンドバイパスのアイコンを右クリックし、 [終了する]をクリックすることで終了することができます。

基本ホットキー

アプリケーション起動中は以下のホットキーが有効です。

[Windowsキー + Sキー]

範囲選択キャプチャー。
画面が暗くなり、その状態でキャプチャした範囲をドラッグによって指定してください。 右クリックでキャンセルできます。
このホットキーが押された瞬間デスクトップは固定され、その状態のデスクトップからキャプチャされます。
オプションにより、範囲選択を補助する拡大鏡を表示できます。

[Windowsキー + Wキー]

全画面キャプチャー。
マルチディスプレイ環境の場合、すべてのディスプレイのキャプチャが結合された状態で保存されます。

[Windowsキー + Aキー]

アクティブウィンドウキャプチャー。
アクティブなウィンドウがある範囲をキャプチャします。
アクティブなウィンドウがない場合での動作は場合によって異なります。

プラスShiftキー

基本ホットキーにShiftキーを加えることで、少し機能が変化します。

[Windowsキー + Shift + S]

範囲キャプチャー。
範囲選択中の間もデスクトップが固定されずに動き続けます。
この状態に拡大鏡を表示すると、負荷が増大するので注意してください。

[Windowsキー + Shift + W]

全画面キャプチャー。
マルチディスプレイ環境の場合、カーソルのある画面のみキャプチャーされます。

[Windowsキー + Shift + A]

アクティブウィンドウキャプチャー。
ウィンドウのフレームを取り除いた部分(クライアント領域)のみキャプチャーされます。

プラスAltキー

基本ホットキーにAltキーを加えると、Aero環境専用の特殊なキャプチャーを行います。
(WindowsVista以降で、さらにWindowsAeroが有効な場合のみ機能します。)

[Windowsキー + Alt + A]

アクティブウィンドウキャプチャー。
白い背景で、ウィンドウの影を含むようにキャプチャーされます。
他のウィンドウの映り込みがなく、資料画像の作成などに向いています。

保存画像形式

png、bmp、jpegの3種類の形式から選択できます。
jpegのみ画質を設定可能です。
png、bmpは画質の劣化がなく、元のスクリーンとまったく同一の画像となります。
jpegはファイルサイズが小さくなるので、たくさんの画像を撮りたい場合に向いています。

キャプチャー画像

撮影されたキャプチャー画像は指定フォルダに設定画面で指定された画像形式で保存されます。
また画像はクリップボードにもコピーされた状態となっており、 MSペイントなどの各種画像ソフトにそのままペーストすることができます。
クリップボードから貼り付けられる画像は、どの画像形式を選択した場合でも、 劣化なしの無加工の画像です。

設定

タスクトレーアイコンを右クリック、保存先設定を押すと、このウィンドウが表示されます。
[...]と書かれたボタンを押すことで、キャプチャ画像の保存先を指定することができます。