since 2012/12/30

WindowResizer

概要

 指定したウィンドウのサイズを自由に変更できるアプリです。 本来はサイズを変更できないウィンドウのサイズも強制的に変更します。
ディスプレイの高解像度化に伴って、小さく表示されるようになってしまった 古いアプリケーション・ゲームなどを大きく表示することができます。 単純でシンプルなインターフェースのほか、 最初の解像度を記憶しているので、簡単に元に戻すことができます。 大きかったものを小さくすることもできます。
なお、WindowResizerで扱われる解像度はすべてクライアント領域のサイズになります。
※一部非対応のアプリケーションがありますが、ご了承ください。

ダウンロード

最新版ダウンロード(WindowResizer_v1_0_0.zip) 20121230版
→最初のバージョン

インストール

解凍し、中身を好きなところにおいてください。 exeファイル単独で動作します。

必要なもの

.NET Framework 3

使い方

  • ウィンドウのサイズを変更したいアプリケーションを起動します。
  • WindowResizerのコンボボックスから、サイズを変更したウィンドウのタイトルを選択します。
  • 設定した解像度を選択または入力します。
  • 設定ボタンを押します。

元の解像度が記憶されているため、すぐに元の解像度に戻すことができます。 また、テキストボックスから値指定でリサイズすることもできます。 WindowResizerではクライアント領域のサイズを取得・変更できるので、 ゲームなどで設定する解像度と同じ感覚で使用することができます。

効果

ZUN氏による同人シューティングゲーム「東方風神録」は、 デフォルトの解像度がVGA(640x480)です。 フルHDのディスプレイを使用している場合、フルスクリーンモードにしない限り、 画面に対して小さいウィンドウでプレイすることになります。 WindowResizerではこの問題を解決することができます。

Before

こちらが元の解像度。ディスプレイが比較的小さい場合、非常に小さいゲーム画面となります。

After

縦と横のサイズを2倍にした場合。ウィンドウモードのまま、画面全体を使ってゲームを楽しむことができます。